おたのしみコンテンツ

ネットで工場見学

ネットで工場見学

※現在のところ見学ルートがない為、工場見学はできません。

乾麺工場


  • 工場見学 二八そばバージョン

  • 自動計量された粉と食塩水をミキサーで混合します。

  • 圧延機を通り製麺した麺は2階の乾燥室へ上がっていきます。

  • 2階の乾燥室で麺を乾燥させます。

  • 乾燥室から下りてきた麺は自動裁断機で短く裁断します。

  • X線異物検査装置を通り結束されます。

  • パッケージ梱包します。

  • 二八そば以外にも素麺やうどんも製造しています。

工場メニューへ

即席麺工場
(袋めん)


  • 工場見学 袋チャンポンめん

  • サイロから圧送された小麦と材料を混合します。

  • 複合機で麺帯をつくり薄く延ばしていきます。

  • 麺帯はこんな感じ。

  • 切り出した麺は蒸し器の中を通ります。

  • 麺を植物油で揚げます。

  • 揚げた麺はコンベアに流れていきます。

  • 冷却器へ流れて行きます。

  • かやくとスープをパッケージ封入します

  • 5食パックになります。

  • 1ケース(30食分)になります。

  • こうして袋チャンポンめんが出荷されます。

工場メニューへ

即席麺工場
(カップめん)


  • 工場見学 カップしょうがラーメン

  • サイロから圧送された小麦と材料を混合します。

  • 複合機で麺帯をつくり薄く延ばしていきます。

  • 切り出した麺が出てきます。

  • 出てきた麺は蒸し器の中を通ります。

  • 蒸し器で蒸した後、切断して枠詰めをします。

  • カップ麺の枠詰めです。

  • 麺を植物油で揚げます。

  • 揚げた後は冷却器を通りコンベアに流れてきます。

  • カップに麺が入ります。

  • かやくが自動投入されます。

  • 次に粉末スープが自動投入されます。

  • カップのフタが付き、包装ラインへ。

  • カップをダンボールケースに梱包します。

  • ケースになったカップメンは更にラインへ。

  • こうしてカップめんが出荷されます。

工場メニューへ

手延べ工場
(月の輪・むらさきの舞など)


  • 工場見学 播州手延素麺(制作中)

工場メニューへ

即席ワンタン工場


  • 工場見学 ワンタンバージョン

  • ワンタン成型機でワンタンをつくります。

  • ワンタン成型機から出てきたワンタン。

  • コンベアに乗ってフライヤーまで運ばれます。

  • フライヤー(油揚げ器)に入ります。

  • フライヤーから出てきたところです。

  • ワンタンを自動計量して容器に投入します。

  • ワンタンスープを容器に自動投入し包装ラインへ。

  • イトメンのワンタンはカップワンタンとワンタンスープの2種類です。

工場メニューへ

倉庫 播州麺本舗
(直売所)


  • 工場見学 播州手延素麺

  • 直売所の店内です。イトメンの製品を販売しています。



工場メニューへ

前のページに戻る  topへ戻る