イトメンちゃんぽんめん

チャンポンめん誕生秘話

「チャンポンめん」はどのようにして生まれたのだろう。

イトメンの起源

昭和25年、伊藤製粉製麺株式会社を設立しすでに始めていた製粉事業に加えて乾麺製造に着手しました。

乾麺づくりからヒントを得て、昭和31年に製麺機より切り出した麺を蒸し器で蒸した後、ほぐしながら木枠に入れ天日で乾燥させた中華麺(ノンフライめん)の製造を開始しました。

 

チャンポンめんの原型

昭和33年、この中華めんにスープを添付した1食分の即席中華めん 「トンボラーメン」を販売開始します。

その翌年にはシイタケ、エビ、焼麩などのかやくをつけた2食入「ヤンマーラーメン」を発売。

これらは「ノンフライめん」です。

 

 

チャンポンめん誕生

昭和30年代後半、この時期にはノンフライ麺より油揚げめんが主となった時代でした。

昭和38年、油揚げめん「チャンポンめん」を発売します。

エビ、シイタケのかやくを添付。エビ、シイタケの香りとあっさりした風味が好評で、現在も多くのファンの方々に支えられた超ロングセラーの即席めんとなりました。

チャンポンめんの名前の由来は「野菜など、色々な具と一緒に食べてほしい」ということから来ています。 

あっさりした味覚・かわらない味

昭和55年、チャンポンめんを無塩製麺に。

食品の塩分量がよく言われるようになった時代で、イトメンでは無塩製麺法(麺には一切食塩を加えない)で製造開始します。

イトメンでは開発当時から「あっさり」にこだわった商品開発を続け現在に至ります。