イトメンちゃんぽんめん

登場人物

チャンポンめんのパッケージには3つの登場人物がいるのだ。
ではその登場人物を紹介しよう。

とびっこ

とびっこ[tobikko]

イトメンのどの商品にも載っているのがこの初代キャラクター「とびっこ」。一部では「キモイ」とか「かわいい」とか「微妙」とか「食品メーカーでキャラクターが虫なのか…」とか言われている。(ハエと間違われては傷ついている)

このとびっこは龍野ゆかりの童謡「赤とんぼ」にちなんで、とんぼをモチーフに昭和38年にデザインされてるのだ。キャラ設定は口元のホクロがチャームポイントのトンボの女の子。設定上、現在はなかなかの熟女である。

アカネちゃんにTwitterの運営を任せて今は一線を退いているが最近のTwitterのバズりようを見て少しヤキモキ。

たいようさん

たいようさん[taiyo-san]

こんなのいたか??と思った人はもう一度じっくりとチャンポンめんのスープの袋を見てほしい。

・・・いたよね?(笑)

このたいようさん、設定を調べたが登場したのがもうずいぶん昔のことなのでイトメン社員の誰も詳しいことはわからない。しかしスープのパッケージにはちゃんと載り続けているし、これからも載り続けるのだろう。

とびっこもそうだが、この一見違和感のあるバランスも不思議と見慣れてくるとそうでもない。

アカネちゃん

アカネちゃん[akane-chan]

この「アカネちゃん」は「チャンポンめん」の発売半世紀を 記念して2013年に募集開始、そして1574通の中から選ばれた イトメン2代目キャラクター。ハエと間違えられる初代に比べてとても愛らしい印象である。

イベント等では実際にアカネちゃんが動き回るので、 ちびっこたちにはそこそこ受けがいい。しかし社員総出!のイベントにはなかなか登場しない(なぜ!?人手が足りない!?)

そろそろラインスタンプが欲しいなぁと思っている模様。(作る予定はない)

もうちょっとTwitterがバズったら検討してあげるね、アカネちゃん(=゚ω゚)ノ